スポンサーサイト



使い方の具体的なイメージはわかないのですが、何となく興味深い商品を見つけた国民健康保険料削減コンサル&生命保険代理店asimomy店長の矢口です。

サーモス 保冷缶ホルダー 350ml缶用

缶飲料の冷たさ長持ち・・・というモノです。

缶飲料ということなので、自宅外での使用。
車とか、キャンプの時に使うものか?

自宅で普段使いのタンブラーがサーモス製で、何年もお気に入りで使用しています。
それであるがゆえに興味が生まれましたが、車には不要だし、キャンプ用だと考えればクーラーボックス・氷・サーモスのタンブラーでも良い気もします。

買いたい気持ちもありますが、多分買わない(笑)

2018年5月17日の記事
ポイント投資

ポイント投資

よくわからないドコモのポイント投資をお試しではじめてみました。

機を考えずに始めましたが、その後程なくしてマーケットを騒がせたこと。

・米朝首脳会談の延期
・イタリアの政局混乱

突っ込んだ額は100円でしたが、思い出したように残高確認をすると96円
4%も下落

案外値幅が大きいのね・・・と追加購入をしました。
合計で400円の投資

米朝首脳会談の件やイタリア政局の件もひと段落ついた感じで、マーケットも落ち着きを取り戻したようですね。

6/5には、評価額として402ポイントになりました(笑)

いまだに具体的な投資先は分からないのですが、引き出すことも可能なようです。
含み益の2ポイントだけ引き出すことも可能です。

これもよくわかっていない話ですが、当店でも取り扱っている某変額保険のオプションAっぽい扱いなのでしょう。

例えば・・・
投資した金額 1万円
購入できた数 1万点

わかりやすく点という表記にします。
1点を1.0円で買ったという計算。

1点にも値動きがあり、1.2円/点と評価額が上がりました
1万点保有しているので、保有している評価額は12,000円となります。

2,000円分の利益を一旦確定させようと考えました。
(ドコモのポイント投資で言えば2,000Pの引き出し)

1,667点分を売ることになります。
1,667点 × 1.2円/点 = 2,000円

保有残は8,333点

1.0円/点となれば、評価額は8,333円相当となります。
2.0円/点となれば、評価額は16,666円相当となります。

多分、こんな感じの動きとなるのでしょう。
ドコモのポイント投資のサイトを見ていますが、自分の購入した単価はもちろん、保有している数もわかりません

単価 × 数量 が基本的な考えのはずですが、わかりません(笑)

購入・売却時の単価もいつ時点の単価になるか調べなければなりませんし、調べたとしても単価の表記はありません。

というわけで、大局に流される投資法となるのでしょうね。
雰囲気で買って、雰囲気で売る(笑)


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜