スポンサーサイト



子が通う学校の夏休み終了が目前となり、妻が長男の宿題の手助けをしていて「やりすぎ注意」と声掛けを一生懸命している国民健康保険料削減コンサル&生命保険代理店asimomy店長の矢口です。

妻にとっても興味深い、面白い宿題だそうです。
お題は「世界旅行計画」
本人がその気になれば、とてもいい勉強ですよね。

ちなみにですが、テーマ「世界のビーチリゾート巡り」を提案したところ、妻から一瞬で却下をもらいました・・・

今回のグアム旅行記に話を戻します。
こうやってブログに書くと「我が家のグアム旅行の行動パターン」を自ら知ることになります。
その場その場では気付いていないのですが、パターン化されていることに気がづきます。

時間はすべて現地時間です。
(日本時間のお昼12:00だと、グアム時間で13:00)

まず、私の起床時間。
07:00か08:00には目覚めます。
日本と変わらない時間帯の起床ですが、早寝の影響もあってトイレ起床の時間だったりもします。

妻の起床時間は、私よりも早い時間のようです。
ちゃっちゃとお米を炊いて、最低限の朝食の準備をしてくれています。

お米プラス、インスタントみそ汁&味付け海苔、現地のスーパーで購入するソーセージ程度の簡単な食事。

現地時間09:00、日本時間08:00に始まる朝ドラを見ていました(笑)

次男が目覚めるのは、現地時間で09:00〜10:00ころ。
私が他人のことを言えませんが、たっぷりな睡眠です。

というわけで、午前中の選択肢として・・・
1.部屋でゴロゴロ
2.プール
3.早めに出かける

「午後はどうする?」と次男に問いかけ、その答えで午後の行動が決まります。

というわけもあり、海で遊ぶのは午後からとなります。
最近は「遊び場を探す」ということもせず、海の遊び場は2箇所のみ。

本日の記事は、そのうちの一つであるイパオビーチです。

駐車場は大きく分けて2つあるのですが、地図記載のプロアというレストラン側には停めず、ヒルトン側の入り口から入る駐車場が(我が家の)定番となっています。
料金はもちろん無料ですが、理由はたったひとつ。
トイレ&更衣室(?)のすぐそばであること。

イパオビーチを選ぶ理由はとてもシンプルです。

・安全であること。
海のことや治安のこと等々、子と一緒に遊ぶ意味では安全な海の選択肢は第一となります。

・魚が多い。
観光客が餌付け(?)していることもあって、魚影が濃い。
魚が多いこともあって、大人も楽しく遊べます。

数年前の画像ですが、海に入ればこんな感じで魚がウヨウヨしています。



これも数年前の画像ですが、こんな感じで小魚遊びに興じます。




シュノーケリング&小魚遊びで、日没近くまで。

今年は、面白い遊び(?)も追加しました。
ただの魚すくいです。

文字通りですが、面白いほど獲れます。
唐揚げすると美味しいという記載も見かけますが、旅先で油の処理も面倒なことからキャッチ&リリース


あったら良いもの。
小さな網


折りたたみのバケツ



グアム旅行は、単なる親のエゴでしかないと考える私です。
親の思い出作り、可愛かった子の幼少時代の記憶と留めるためでしかありません。


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜