スポンサーサイト



今回のグアムで購入した日焼け止めクリームの効果があったのかは分かりませんが、地味な日焼けで済み、日焼けも徐々に平常運転となるつつある国民健康保険料削減コンサル&生命保険代理店asimomy店長の矢口です。

昨年大失敗した太もも対策のために、こんなのも準備しました。

「現地の病院に行くかなぁ」と思うくらい、激痛だったので。

本日は、グアムでの海遊び パターンBです。
現地で朝食の頃「今日はどうしたい?」と次男に聞きます。

「釣りがしたい」「飛び込みしたい」

そう言われれば、考えるまでもなくここに行ってました。

これは数年前の写真ですが、インスタなどにアップされる方が多い場所です。



次男が特にお気に入りの場所で、昨年はライフジャケットを着けて飛び込んでいました。


今年はライフジャッケットも無しで、何が面白いのか、ひたすら飛び込んでいました。
子がライフジャケットを着けていない分、心配性の私がライフジャケットを着て、万一の事態に備えて海に浮かんでいました。
桟橋の先端になると、急に深くなります



「あの地点は雨?」と陸でゴロゴロしていた妻がパチリ。



海遊びに飽きたら、釣り糸を垂らします。
糸&針を100円ショップで仕入れ、シュノーケリングの際に使う餌をつければ、こんな小物は入れ食いです(笑)



飛び込みをして飽きたら釣り糸を垂らし、釣りで熱くなった体は海で冷やす。
のんびり・・・とは少し異なりますが、我が家の良い遊び場です。

現地の方で、家族連れが多く遊んでいます。
ファミリー層という人の目が多いので、セキュリティという点では安全でしょう。

韓国人と思われる方々は、度々写真を撮りに立ち寄ります。
我が家と同じように飛び込んだりする人も結構います。

現地で見ている感じですが、立ち寄る日本人は(韓国人よりも)少ないです。
少ないながらも、子どもと水遊びするファミリー層もいますよ。
ライフジャケットや浮き輪など、泳力に応じた準備はしておいて損はないと思いますので、ご興味がある方はぜひ。

8/10(木)には、ファミリーでのんびり過ごしていた方から(現地の方から)バーベキューをご馳走していただきました(笑)
米空軍にご勤務されているグアム人の方です。

現地の新聞では「North Korea crisis」という単語が飛び交っていましたが、我が家の英語力では「North Korea」の話題は無理であり、世間話で終わりました。
ごちそうさまでした、ジョナサン!


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜