スポンサーサイト



だんだんグアム旅行記にも飽きてきていますが、まだもう少し書こうと思う国民健康保険料削減コンサル&生命保険代理店asimomy店長の矢口です。

先の旅行の中で、珍しく参加した現地ツアーがありました。

「ビキニアイランド+選べるマリンスポーツパッケージ 海に現れる神秘の島」なるものです。
潮の満ち引きで現れる、海の中の「島」とのこと。

家族4人+甥の5人で600ドル超のツアーなので、予約前に事前調査を行いました。

まず、参加するかしないか(笑)
これは、たっての妻の希望により問答無用で参加決定。

次に、いつ参加するか?
グアムの潮見表を拡大してプリントアウトをし、お昼頃に干潮な日をチョイス。

そして当日。
滞在中の天気の特長として、夜中から朝まで雨が多かったです。
昼間の天気はおおむね良好で、当日の脚、特に両ふとももからひざ下までは最悪の日焼け状態でした。
歩くのも大変なくらい(笑)

それはともかく、予約の段階で「レンタカーで現地入り」ということに。
荷物が多くなりがちではありますが、早起きして出発しました。

参加日の天候は曇がちでしたが、脚が痛い私には好都合・・・

いざ、ビキニアイランドに上陸。

長男は景観なんてまるで興味がなく、浜を走り回るカニ取り。
DSC06953

まあ、特に感動っぽいこともなかったのですが、初体験であるジェットスキーの操縦が難しかったですね。
思った方向に曲がれない(笑)

陸に戻って遅めの昼食。
DSCF1060

口コミには「量が足りなくてお腹いっぱいにならなかった」とありました。
それ前提で、夕飯はビュッフェでも行こうと考えていました。

ですが、量が足りないというのは誤報(?)でした。

おかわりをし、想定外の満腹な状態。
その後は「釣り」を楽しみました。

レンタカーでの参加なので、最後の客となりました(笑)

その後に遭遇した悲劇はまたそのうち。


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜