スポンサーサイト



今になってこそ落ち着いていますが、先週までの怒涛の円安を機にiMacを注文してしまった生命保険代理店asimomy店長の矢口です。

円安で輸入品となるiMacも値上げとなる可能性もありますし、FX自動売買で多少の利益も出たので(笑)

色はイエローをチョイス。11月中旬に到着予定です。

現時点では27インチの2013年iMacを使用していますが、これが24インチとなります。

2013年iMacは、macOS Catalina が最終であり、現在のBig Sur、間もなく使えるようになるMontereyの対応機種ではありません。

最新のOSとなると、ビデオ通話(FaceTime)が大きく進化するそうで、画面シェアだったり、Windowsやアンドロイド端末ともビデオ通話ができるとのこと。

ビデオ面談が多くなっている昨今、是非とも使ってみたい機能です。

ただ、保険会社システムがWindowsのブラウザを使うこともあって、それが一番の心配事です。
Windowsが動けばいいのですが、それは来てみないと何とも言えず・・・。

2013年iMacも、大きなトラブルもなく普通に今でも使えていますが、やはり2013年。そんなiMacが25,000円でAppleが下取りしてくれるってのもすごいです。

愛用中のiPadも2016年発表ので多少くたびれてきています。来春?にでも新iPadが発表されたらポチりたいと思っている2021年秋ですが、もっともっと円安が進むと買えなくなっちゃうほど高くなるのが心配です。

原油高などの影響を感じるのはもう少し先になるのでしょうが、どうなっちゃうのでしょうか・・・


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜