スポンサーサイト



夏はすぐそこにあるようですが、コロナの状況で夏のレジャーがどうなるのかわかりませんが、SUPのことが閃いてしまった生命保険代理店asimomy店長の矢口です。

SUPとは、スタンドアップ・パドルボード(Stand Up Paddleboard) の略で、以下の写真のように立って遊ぶものです。

穏やかな海や湖などで楽しむ、最近の流行です。アマゾンでの価格を見ると、およそ4万円前後といった感じでした。

ただ、欲求にまかせて購入してしまうと、しまう場所にも悩まされることを私は知っています(笑)
あるボードの収納サイズを見ると、85センチ×40センチ×23センチ
空気で膨らませるタイプだとはいえ、かなり大きい。

で、何よりも子ども達の年齢が下の子が中3な現在なので、使う回数というのはほとんどないはず。
今年の夏の小旅行(行けたら)が最後の機会となるはずなので、買わないことが決定です(笑)

世の中のパパさん・ママさん。子ども達と無限に遊んでいられると思っていても、必ず最終回がやってきます。その最終回が今のコロナ禍のようにあっけない幕切れという可能性もありますので、遊べるうちに遊んでおくことが親の思い出づくりだと確認しています。


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜