スポンサーサイト



9月に入ってからの東京地方はとても涼しく、雨なのが嫌ではありますが、大変過ごしやすくて嬉しい生命保険代理店asimomy店長の矢口です。

新学期に入り、毎日学校に通っている次男(中3)です。ワクチンの接種は本人任せにしている我が家ですが、学校が始まる直前に打つ気になりました。(長男はまだ気持ちが盛り上がらず)

ワクチンの副反応(14歳/男)

まだ1回目の接種の段階ですが、副反応が現れました。

夏休み中ならまだ良かったのですが、新学期早々となるので話題となっている副反応の件も無視できません。
このため、予約する前に学校に電話をしました(笑)
結論から言うと、ワクチンの副反応による発熱で学校を休んだとしても、欠席扱いではなく出席停止扱いになるとのことでした。 これを聞いてすぐに予約です。

ネットで調べる限り、モデルナワクチンの方が副反応が大きい可能性が高いとのことで、私も先に接種してあるファイザーにて予約をしました。

接種当日(1日目)

夕方の接種でしたが、接種した日は、腕の痛みをうったえる程度で発熱等の確認はできませんでした。

接種翌日(2日目)

午前中は微熱、午後になってぐんぐん熱が上がりはじめました。夕方から塾の予定がありましたが、塾に迷惑がかかる可能性を考慮して欠席に。38度前後の発熱を確認。腕は痛い。

解熱剤を飲むと、効果的面で平熱に戻りました。

接種翌々日(3日目)

朝一の検温で37.9度。解熱剤を飲むと平熱近くに戻るようで、普通に過ごす。解熱剤の効果が切れると

体温上昇で、寝る間際には若干の発熱。

接種翌々々日(4日目)

朝一の時点でほぼ副反応からはほぼ回復。腕の痛みは未確認。

ただ、学校の対応に保護者として不満があるので「念のため副反応によるお休み」を連絡。

9月に入ってかなり涼しい陽気の東京地方。成績上位者が(親との判断ありで)「プールは見学する」というと、成績(内申)をチラつかせて「分かっているな」みたいなことを言ったようで、私はカチンと来ています。

3年生の2学期の風邪の方が迷惑なわけで、ちょっと信じられません。というか、他にも不信感MAXな言動が多い学校であるという背景があるわけですが。


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜