スポンサーサイト



早くも蚊に悩まされており、網戸をみたら破れていたので早速DIYで修理した生命保険代理店asimomy店長の矢口です。道具が揃えば簡単ですし、1,000円程度で道具も買えるので次回も安心です(笑)

冷蔵庫について、まずはAmazonで調べてみました。東京ゼロエミポイント(以下表では東京P)が使える400~500L前後の冷蔵庫はほぼほぼ日立製のようでした。

下記表のクレカPとは、リクルートプラスカードで2%還元の場合です。

メーカー
型番
5/19の
値段
Amazon
ポイント
クレカP東京P実質
日立
XG43J(430L)
138,0001,3802,76013,000P120,860
日立
XG48J(475L)
148,0001,4802,96013,000P130,560
日立
XG-51J(505L)
158,0001,5803,16021,000P132,260

比較すると474Lにプラス1,700円で505Lになるようです。値差だけ見れば、505Lがお得そうに写ります。

購入するタイミングで大盤振る舞いなキャンペーンが行われるお店も出てくることでしょう。キャンペーンを駆使しつつ、実質10万円くらいで購入できれば10万円定額給付金をフル活用できたと自分で自分を納得させます。

6月末で5%バックの還元事業が終わり、7月になるとマイナポイント事業が始まって5,000円分のポイントバック還元の動きも出てきます。アマゾンプライムデーの7月頃まで待機するとしよう。


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜