スポンサーサイト


今年は受験生の息子がいたのでマスクをしていた冬でしたが、間も無く手持ちのマスクも底を突くのを少々心配している生命保険代理店asimomyの矢口です。

いつになれば普通に買えるのでしょうか。

先日、ある保険会社の担当者と電話で話していたらこのような内容がありました。

ある代理店の人曰く「新型コロナで入院しても、入院給付金が出ますよ」と言うと「いつ新型コロナで入院するかわからないし」と医療保険に加入する人が増えている旨。

で、私。
その人たちって、新型コロナで入院したら、治療費は全額公費負担・自己負担なしという点は同時に説明してそんな反応なの?

これ、率直な感想です。

治療費の自己負担がゼロだとしても、それに付帯するお金、例えば濃厚接触者であるご家族の自宅待機の金銭的な補填だったり、そこまでお客様と一緒に考えた結果であればすごく良いことだと思います。

もしも、自己負担ゼロであることをお客様が知らないのをいいことに・・・だとするならば、もはやパニック商法と同じレベルでの販売方法だと思ってます。

とはいえ「生命の危険がすぐそこにある?」と考えたこの機会に自分の保障内容を見つめ直すことは良いことですよね。

そうすると気づくかもしれません。
10数年前・数十年前の常識で作られていた医療保険・がん保険。
それらを「武器」として、今どきの治療をどこまでカバーしながら病気と闘えるのか

こんな時だからこそ、皆さん冷静に。


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜