スポンサーサイト


先日、Apple Storeに出向いてiPhone11 Proを購入してきたわけですが、少々面倒だったので、次回以降忘れないために記録に残しておこうと考えている生命保険代理店asimomy店長の矢口です。

SIMフリー版ではなく、ドコモ版を購入しようと考えたので面倒となりました。

持参したもの
1)dカードゴールドのケータイ購入割引クーポン
2)家族が使用しているdocomo withで契約している電話回線
3 )三井住友VISAカード

2)についてですが、私が使用中の回線にはまだ月々サポートの割引が残っており、それを放棄するのはもったいないと考えての今回契約する用の回線です。

まず価格の整理から。ドコモオンラインショップによればiPhone11 Pro(64GB)の価格は税込で126,720円(税込)です。
ちょっと手が出ない値段です(笑)

一方で、アップルで発売しているSIMフリー版の価格は117,480円(税込)。

Apple Storeで実施中のキャンペーン価格は、このSIMフリー版価格から8,800円(税込)を割引き、108,680円(税込)

ドコモ価格と比べると18,040円安くなるキャンペーンですね。

面倒になったのはこれからの話で、1)のケータイ割引クーポンと今回の8,800円割引が適用できるか否かでもめました。結論としては今回の使用を見送りました

店員さんによれば、割引額が大きくなりすぎて法律うんぬんということ。
今回は一括払いだったのですが、「分割払いであれば今回のキャンペーン&クーポン & dポイントの併用も可能」とのこと。

そこで閃いて、雑談的に以下のような話をしました。

もしもクーポン&dポイントの合計で機種代以上を保有していたと仮定して、分割払いで契約し、それぞれを適用させることはできるのか?

「そこまでポイントを貯めている人は少ないのでやったことはないけれど、理屈的にできるかもしれませんねぇ」とのこと。
(クーポン適用&dポイント充当)

Apple Storeの店員さんなので本当に適用できるのかは真偽不明ですが、次回以降 機会があったら試したい話でした。

結論としては、三井住友VISAカードからの12,000円キャッシュバックとタダチャンキャンペーンに期待し、108,680円をそのままクレカ決済しました。


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜