スポンサーサイト



長男は中学校の中間テスト勉強期間だったからまだしも、ゴールデンウィークに出掛けなかった次男のための「夏休み」のことを考え始めている国民健康保険料削減コンサル&生命保険代理店asimomy店長の矢口です。

JALマイルと比べ、特典航空券にするためのマイルが多く、1マイルあたりの価値がJALよりも低いデルタ航空のスカイマイルの残高を見ました。
どういうわけだか、約3.8万マイルほどあります。

JALマイルだとウハウハでグアムに行くことを考えちゃいますが、デルタでは(行こうと考える時期では)全く足りません。

昨年の今頃、デルタのアメックスカードを作ったことによる影響ですが、履歴を見て驚きです。
まだ1回の往復でしか搭乗したことがなく、その航空券自体は別のカードで決済しています。

で、最近はコストコ以外では全く使っていないカードであり、うっかりと2回目の年会費の請求がきてしまいました(苦笑)
つまり、あまりアメックスカードを使っていないユーザーです。

履歴によれば、アメックスからのボーナスマイルが複数あります。

5月 3,000マイル
6月 6,000マイル
7月 4,000マイル
8月 10,000マイル

これで23,000マイル。
昨夏の初フライト周りで、13,000マイル。

今年の5月にキャンペーンを見つけて1,000マイル。

ざっくり37,000マイルのボーナスです。

計算式はまるでわかりません(笑)

アメックスを作ったおかげで、往路はビジネスクラスへアップグレードしてもらえ、復路は通常よりも少し広いエコノミークラスに座れました。
更新年会費を払ったのは惜しい気もしますが、受け取ったメリットも大きいことから悪い気はしていません。

この38,000マイルの使い道、ある方法を思いつきました!
少し調べて裏を取ります。


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜