スポンサーサイト



昼間、お客様勤務先へ車で移動しましたが、想像以上の渋滞に閉口してしまったasimomy店長の矢口です。
やはり、都内の移動は電車に限りますね。

2010年4月26日(月) 3日目

妻からの強力なリクエストで、イルカを見に行くことに。
私自身はあまり乗り気でなし(笑)

というのも、かれこれ10年以上前にバリ島に行った際のこと。
イルカウオッチングと同時に参加したシュノーケリングで酔い!
イルカの感激よりも、ふらふらした記憶が勝ってましたが、今回は「子供に見せたい!」とのことで、私が異論をはさむ余地もなく・・・。

参加したツアーはこれ。
【人気No.1】イルカウォッチング & ボートシュノーケリング
値段もさることながら、底釣りの記載があったのが決め手。

再挑戦の可能性を考え、前半での参加は必須です。

早朝の起床です。
山の上にあるレオパレスリゾートまでの送迎はなく、タモン地区のウエスティンホテルロビー集合との指示。
早起きし、クルマで移動。
(レオパレス-ウエスティンホテルのシャトルバスもありますが、レンタカー移動は楽なので)

送信者 20100426

子供船長で、体験運転。

送信者 20100426

ボートにご機嫌の子供。

送信者 20100426

「カメラ貸せ」と勝手にカシャ。スタッフの方です。
明るく盛り上げていました(笑)

送信者 20100426

程なくして、イルカに遭遇。
子供よりも妻のほうが喜んでいました(笑)

送信者 20100426

イルカの感動も冷めた頃、シュノーケリングor底釣り、海上トランポリン。
長男に聞きました。
「海に入って魚見る? 魚釣りする?」
私の心の中では魚釣り・・・。

「海に入る!」
その言葉だけで、酔いました。

二男用に持参した箱メガネが大活躍。

送信者 20100426

結構深い。

送信者 20100426

スイングパノラマは失敗。

送信者 20100426

食事は弁当。
ゼイタクは言いませんが、子供には好評(笑)

送信者 20100426

ひと通りのスケジュールを消化し、解散。
フィエスタホテル脇にあるマリンセンターで遊んで良いということで参加。
今回の初海。

送信者 20100426

お約束のナマコ。

送信者 20100426

水中に興味が出てきた子供たち。

送信者 20100426

水中はこんな感じ。

送信者 20100426

今回は、この魚が要注意でした。
突撃してきます(笑)
妻は計2回噛まれ、軽く出血!

送信者 20100426

ボートも無料(笑)

送信者 20100426

救命胴衣+浮き輪とガードの固い二男。

送信者 20100426

救命胴衣に厚い信頼を寄せる長男。

送信者 20100426

スプリンクラーと格闘の子供。
ガリガリなせいか、胸の傷も目立ちません(笑)

送信者 20100426

ず~~~~っと遊んでいましたが、何か物足りなそうな感じ。
そう、ヤドカリ等の獲物が少ないエリアでした。

朝も早かったことから、夕方前には部屋に戻りました。
昨日にも書きましたが、夕飯は昨夜とほぼ同メニュー(笑)
残り物となったローストチキンとステーキ。

干潮満潮は調べていましたが、ひとつ誤算。

ヤドカリや小魚の捕獲に最適なのは干潮の時間です。
その時間を狙って海に繰り出しましたが、太陽の高さがノーマーク。

長袖シャツの準備不足でした・・・
旅の日程をずらすか、長袖ラッシュガード or ロングTシャツ持参の重要性を認識。

放っておけば、ず~~~っと捕獲活動をするのが子供ですからね。


セミナー開催のお知らせ
〜老後資金2000万円を貯めながら、ゼロ円グアム・ゼロ円沖縄に行く方法〜