アフラックの資料請求・保険相談のことならasimomyへ

アフラックのまねきねこダックプレゼント

 

店主の雑感 経験でしか分からないこと

※本ページで使用している画像はイメージです。本文とは直接の関係はありません。
私・両親ともに大きな病気の経験も無く、今も平和なasimomy店主の矢口です。(09年11月執筆)
 
幸せは、ごく普通に毎日を過ごせること・・・日々痛感しています。
普通に毎日を過ごせれば、それだけで、もう何も要らないのですよね。
家族の健康-アフラックAS 雑感
店主 矢口の自己紹介ページへGo!
 
今も両親が健在ですので、私は遺児として育った経験はありません。
私自身、入院したこともありません。
大病らしい病気の経験もありません。
 
こんな私が生命保険、医療保険などをご案内するには、経験に基づいたリアルな話ではなく、
いわば机上の知識や、どこかで起きた(他人様の)事実ということになります。
 
冗談半分、本気半分。
この仕事を続けるにあたり、1度くらい入院せねば・・・と思う時期もありました。
経験しないと分からないこと、経験して見えることって、想像以上にたくさんありますからね。
 
神様はどこかで見ているのでしょうか?
そんな私に、闘病の疑似体験の機会を与えてくれました。
※私は特定の信仰は持っていません。いわゆる無宗教です。
 
私にとって、一番身近な家族を通じでの闘病の疑似体験です。
もう過去の話のはずなので、少しだけ・・・
教会-アフラックAS 雑感
 
忘れもしない、2006年11月某日。
いわゆる町医者の先生が言いました。
 
「少し気になる点があるので、検査設備の整った大きな病院を紹介します。
      詳しい検査をして、良いか悪いかはっきりさせましょう。
            今すぐに救急車を手配するので、少しお待ち下さい・・・」
 
予期していなかった医師からの言葉に、うなずくことが精一杯でした。
あれが青天の霹靂(へきれき)というのでしょうね。
 
私自身、初の救急車体験でした。
20〜30分程度で次の病院に着きました。
控え室を用意され、そこでしばらく待っていました。
 
数時間経過し、担当して頂いた医師が診断結果を伝えてくれました。
 
「診断の結果、○○という病気です。その詳細は・・・(略)
     ここでは手術できる医師も設備もありません。
           △△大学病院から受け入れ可能の連絡が来ました。
                        救急車を用意しますので、明朝に来てください!」
 
全く聞いたことのない病名でしたが、ただならぬ病気だということは、雰囲気ではっきり分かりました。
医師いわく、1万人に1人という病気だそうです。
文字通り、万が一の数字。
救急車-アフラックAS 雑感
 
自宅に戻り、パソコンを立ち上げました。
恐る恐る、その病名で検索してみました。
 
出てくる情報の全ては、心配や不安の気持ちを大きくするモノばかり。
目の前が真っ暗になり、涙が流れ出てきました。
 
悪い夢であってくれ・・・と思いましたが、状況は何も変わらず、朝を迎えました。
 
△△大学病院へ移り、再び検査が行われました。
 
「手術をしなければ、1年以内に命を落とすことになります。
           手術以外に、延命する治療法はありません。
                     『勝負する価値』はありますので、やりましょう!
 
様態を見ながらという条件付で、1ヵ月後を目安とする手術日が早々に内定しました。
手術器具-アフラックAS 雑感
毎日の病院通いが日課と変わりました。
面会時間、許す限りの時間を病室で過ごしました。
病室に行ったからといって、何が出来るわけではありません。
何もできません。
顔を見ていたかった・・・それだけです。
 
一方で、許す時間の限り、パソコンの前に座りました。
それぞれの病院の症例数、執刀数が豊富な医師、救命率・・・
手術の先に待ち構えるかもしれない合併症、その予後。
 
たくさんの情報が、私の不安な気持ちをさらに大きくすることもありました。
いわゆる名医のいる病院へ移ることも頭に浮かびましたが、実行に移すことはしませんでした。
 
とても安定した様態が続き、穏やかな時間のまま、手術予定日である1ヶ月となりました。
私の心中は穏やかではなく、ご祈祷してもらったりの神頼み。
神社-アフラックAS 雑感
2006年12月 手術の日。
手術室から生きて帰って来れないのでは・・・そんな不安と恐怖でいっぱいでしたが、無事成功。
モヤモヤ感でいっぱいだった私の視界も、一瞬にしてクリアになりました。
 
外科手術が終わってしまえば、病院側の雰囲気も大きく変わりました。
退院の日はいつ頃かね・・・病室での会話も、そんな明るい話題へ移っていきました。
 
年末に退院できました。
 
「やっと平穏な日がやってくる・・・」
家族揃って過ごすお正月、それは幸せでした。
 
それでも、かなりの量の薬を飲む生活は続きました。
薬-アフラックAS 雑感
手術後の不安。
医師が一番恐れていたのは、術後に起こりやすいと言われる合併症。
その原因は分からず、治療法も確立していないとのこと。
併発してしまえば、術前の比ではない、かなりの危険な状態となるので、家族として覚悟するように
言われていました。
 
退院して、次の外来受診の日。
その合併症の兆候らしきが見えるとのことで、即入院。
家族水入らずの日は、あっという間の短い時間でした。
 
再び徹底的な検査が始まりました。
CT-アフラックAS 雑感
「恐れていた合併症では無い雰囲気ですが、原因が分かりません。
       しばらくの間、投薬治療を続けながら様子を見ましょう。
           原因も分からず、症状が進行すれば、『XXXXXX』という診断名になります。」
 
主治医である△△大学病院 教授の話を聞き、再び頭を抱えました。
 
インターネットで検索すると、それは国が定める特定難病の1つでした。
・人口100万当たり年間およそ1〜2人の発症と考えられており、きわめて希な疾患。
・発生の的確な予防法や、病気の進行を阻止し治療する方法は現時点では確立されていない。
・自然軽快例が報告されているものの、ほとんどの症例は進行性であり、予後は極めて不良。
・終局的治療として、○移植あるいは○○移植があるが、その生命予後に関する成績は必ず
 しも満足すべきものではない。
 
確率論でいえば、もう何でもありな状態へ。
神様は、闘病の疑似体験の機会を次から次へ与えてくれます。
 
私の仕事は、生命保険の代理店です。
皮肉なことに、人の命の話、避けられません。
仕事でお客様とお話をするたびに、涙がこぼれそうになります。
身近な、もっとも愛する家族の現状に、仕事に取り組む気力が消えていきました。
 
パソコンと向き合う時間が長い毎日でした。
病気の詳細を知り、効果的な治療法を探し、良い情報を探し続けました。
 
原因が分からないことが、何よりも一番怖いとは・・・
頭を抱える-アフラックAS 雑感
調べた結果、東京都内に専門外来を設ける2つの大学病院を見つけました。
 
何回目かの外来時、主治医の教授が言いました。
「改善が見られないので、*****という薬を使おうと思いますが・・・」
 
「え?」
 
*****という薬は、携帯用小型ポンプを使って、体内に長期持続注入する治療。
私が調べた限り、そのポンプが無い生活に戻ることは難しい感じでした。
 
動揺する心を抑え、教授に聞きました。
「○○大学病院の外来って、どう思われますか? 門を叩く価値ありますか?」
 
その教授も、表情の変化を隠しませんでした。
少しの沈黙があり、教授が言われました。
 
「日本全国から同じような患者さんが集まってきており、症例をたくさん見ています。
  ノウハウも蓄積されているでしょうから、門を叩く価値はあるかもしれませんね。
     あの先生とは顔なじみで、明日も学会で会う予定です。話を付けますね・・・」
 
後日、セカンドオピニオンという形で、○○大学病院を訪れました。
△△大学病院から、○○大学病院へ、膨大な資料が送られたようでした。
レントゲン-アフラックAS 雑感
○○大学病院訪問の前日。
私自身は、期待よりも怖い気持ちでいっぱいでした。
△△大学病院と同じ診断、同じ治療法と言われたらどうしようか。
○○大学病院では看られないので、△△大学病院で引き続き治療を・・・

 
△△大学病院の教授の表情を思い出せば、戻ることにも一抹の不安を覚えました。
 
主治医の積極的な協力がなければ、セカンドオピニオン受診を円滑に進めるのも難しいのでしょう。
 
幸いにも、○○大学病院にて看てもらえることになりました。
再び、入院して、検査に次ぐ検査のスタートです。
CT-アフラックAS 雑感
○○大学病院の若い医師が言いました。
「今回の件で、1人の患者さんに転院してもらい、ベッドを空けました・・・」
この時、病院側からの想いはハッキリと私に伝わりました。
心苦しかったです。
 
検査結果が出揃った頃、医師から衝撃の言葉がありました。
「明日、うちの医師数名で、△△大学病院に行ってきます。
  そうでないことを祈っていますが、直接確認を取る必要がある『重要な点』が見つかりました」
 
「つまり?」
 
「△△大学病院で見落としていたと思われる点が見つかりました・・・」
(略)
「もし、今の状態で*****の薬を使っていたら?」
 
「逆効果になって、もうダメだったでしょう・・・」
 
背筋が凍りつきました。
 
翌日以降、辛い言葉を言われた医師の対応も変わりました。
医師いわく、今度は10万人に1人、そんな病名が付きました・・・
もう何でもありな数字には慣れていました。
何万人に1人だろうが、我が家族にとっては100%の事実ですので、病気と向き合う以外の選択肢は他にありませんからね。
 
2007年6月、緊急手術。
生後7ヶ月にして、心臓を止めて行う(2度目の)手術がスタート。
夕方にスタートし、予定時間を大幅に超え、明け方近くまでかかりました。
 
「今回の手術で、外科的に治せる治療は全て行いました!」
術後、疲れ切った顔をした執刀医が握手をしてくれました。
お父さん、お母さん、これが最後の手術ですよ・・・執刀医の気持ちが伝わってきました。
 
夫婦揃って泣きました。
入院-アフラックAS 雑感
 
外来での受診も、1ヶ月に1度から、2ヶ月に1度、そして6ヶ月に1度になりました。
ずっと続いていた投薬治療も、徐々に量を減らしながら、2009年1月に終わりました。
何ひとつの行動制限も無く、飛行機を使った海外旅行もお墨付きです。
 
今や、かつてのことがウソだったように元気で過ごしています。
神様から与えてもらった闘病の疑似体験、すべて終わった・・・そう信じています。
 
生命保険代理店の店主をしているパパは、たくさんの勉強をさせてもらいました。
一番辛く、痛い思いをするのは、患者本人に間違いないこと。
日進月歩で進化する医療技術のこと。
病院、医師、看護師の方々のこと。
健康保険制度や各種助成制度のこと。
周りの家族が考えること。
そして、世の中にはたくさんのやさしさがあるということ。
 
本当に皮肉な話ではありますが、たくさんの勉強をさせてもらいました。
保険に携わる人間として、皆さんにお伝えしなければならないことが分かりました。
 
皆さんは、どんな想いを持って、ご自身の保障、ご家族のための保障を準備していますか?
現在-アフラックAS 雑感
本ページは、店主の個人的な雑感であり、読者の皆さん等の考え方を否定する意図は一切ありません。

 
【PR】
現在、景気の低迷もあって、生命保険について考えている方はとても多いようです。
せっかく保障を見直すなら、比べて選んで、皆さんがご納得のいく生命保険を一緒に作りませんか?

皆さんからのご用命を心よりお待ちしております。
アフラック代理店主の矢口です。
もう一度、店主のプロフィールを見る
 
相談の流れについて、詳細を見る

生命保険代理店(株)asimomy
アフラック代理店主へコンサルティングをご希望の方はこちら
 
電話しません!
電話はしません!
 
保険と聞けば、「しつこい勧誘が・・・」なんてイメージがあるかもしれません。
そのようなことは絶対にございませんので、ご安心してお問い合わせください。

▲TOP
20140226

運営サイト:オリックス生命の資料請求・保険相談  ソニー生命の無料保険相談